読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいけるのテキトーでテキトーじゃないブログ

音楽と美味しいものがすきですŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"

No.3 /(再)リバーシブルー/クリープハイプ

この文面一度書いたのにアプリの不調で削除になってしまって泣いてます。おんなじものを復元できることなんてないから。しょげずに書き直し。書き直したらだいぶ変わってしまったけどね笑

先ずはリバーシブルーのジャケットについてだらだらと述べたのですが、簡潔にいうと、爽やかな青空(正に夏の)に反して宙に浮かぶ投げ出されたちゃぶ台が異質さに何処か違和感を受けずにはいられない。
この曲の頭から繰り返される
"会いたくない会いたくない会いたくないそんな気持ちとは真逆の気持ち"
という会いたくないという<建前>とそれとは真逆の<本音>がビジュアルとして現れたのがこのジャケットで、きっと青空が<建前>でちゃぶ台が<本音>なのか。

曲の方に。クリープハイプというとやはり歌詞の方にいってしまう。尾崎さんの女子が内面に抱くものをリアルに表現するところが共感をよぶんだろうな。音楽的には特別ここがってところはないし、淡々としてる思う。でも、歌詞をすごく生かしてる、音楽の効果を最大限に持ってくるなと毎度思います。

歌詞はストレートな表現ではなく、この曲の主人公の気持ちが靴紐として現れている。素直になれない靴紐、伴い増してく靴擦れ、
その場凌ぎで結んできた靴紐が耐えられなくなってしまったあとの世界での心の叫びがこの繰り返されるサビなんだろうな。

広瀬すずちゃんのCMを見る限りでは恋のはじめ、夏のはじめの曲だと思っていた。でもフルで聴いたときに初めてこの曲の真の姿を見た。素直になれなかった、おわってしまった恋への心の叫びが胸から溢れでる悲しい曲だったんだと。